読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sonoshouのまじめなブログ

情報系大学生からのウェブ見習い人生の記録

ウェアラブル端末用Android watchアプリ ~実機起動でハマったところ~

android wear

実機で起動

Android Wear アプリを実機で起動してみましょう!

私が改めてまとめるよりも他サイトの方が詳しいでしょう♪
というのも、壁にぶち当たりながら、理解もせず解決してきたので、
あまり偉そうなことは言えないのです……。

ここが詳しかったので参考までに共有いたします。
15分ではじめるAndroid Wear開発 - 実機を使った開発環境の作り方

というわけで、ここでは実機で起動するときに
ハマった点をいくつかご紹介します。

どなたかの助けになれば……。

開発者用のメニューが出てこない!

PCとAndroid WearやAndroid端末をつなげるためには、
USBデバッグ有効にする必要があります。

私は、USBデバッグがどこにあるかで迷ってしまいました。

USBデバッグなど開発者オプションは
設定 -> 端末情報 -> ビルド番号
の項目を7回連打することで出てきます。

adb devicesで端末が出てこない!

ドライバのインストールがうまくできていないようでした。
Android端末のメーカーからドライバーをインストールすることで解決しました。

この問題は複数の原因があるらしいので、
解決策の一つとして考えてください。

Failure [INSTALL_FAILED_OLDER_SDK]

ビルドしたバージョンよりも実機のバージョンが低い場合に起こるエラーです。

AndroidManifest.xml内の

<uses-sdk android:minSdkVersion="number" />

を変更しましょう。

また、ウェアラブル用に作られたアプリ(API20)
間違えてAndroid端末(API19)にインストールしようとしたときにも
同様のエラーが出るので要注意です。